常盤橋門跡・渋沢栄一の銅像

f:id:ktuyama:20210417205855j:plain

重要文化財江戸城写真帖「常盤橋門」東京国立博物館

常盤橋門は、江戸五口のひとつ奥州道の出口で、江戸時代を通して江戸城の正門である大手門へ向かう外郭正門でした。寛永6年(1629)に設置され、江戸城外郭の正門として重要な役割を果たしていました。高麗門と渡櫓門からなる枡形門で、門の前には木橋が架かっていました。
明治時代になると、東京の近代化の象徴として、城門に架かる木橋は石橋に架け替えられていきました。
その中で明治10 年(1877)に小石川門の石垣石材を使って、二連アーチ石橋の常磐橋が架けられました。
西洋近代的な意匠を取り入れた最初の石橋として、当時は珍しい歩車道分離で、白い大理石の親柱や花崗岩による路面、洒落たデザインの高欄手摺柵など、文明開化の面影を残した橋でした。架橋当時から錦絵や絵葉書などに登場する東京の名所となっていました。
そして、平成23年(2011)、東日本大震災により大きなダメージを受け、アーチ輪石の変形や、路面の陥没などがあり、落橋の危険が生じていました。そこで復旧工事開始。
解体修理を行い、様々な資料をもとに常盤橋門の形や創建当時の石橋の面影を取り戻す工事を行ってきました。今年、2021年3月31日までの復旧工事でした。

f:id:ktuyama:20210417212011j:plain

続いて現在、その復旧工事の資材仮置場などに利用されていた常盤橋公園の整備が行われています。すべて完了するのは今年の夏以降になるということです。
常盤橋公園は、江戸城の城門の一つ常盤橋門があったところです。

f:id:ktuyama:20210417210737j:plain

常盤橋公園 渋沢栄一銅像があります。銅像は見ることができます。

昭和8年(1933)に財団法人渋沢青淵翁記念会(現在の渋沢栄一記念財団)によって復旧整備が行われ、旧東京市の公園(現在は千代田区立公園)となりました。残された城門の石垣は国の史跡に指定されています。
この公園の中で、ひときわ目をひくのが渋沢栄一銅像です。

f:id:ktuyama:20210417211035j:plain

像は日本で初めての銀行、第一国立銀行の方向を向いて立っています。銀行は栄一により1873(明治6)年、海運橋のたもと日本橋兜町東京証券取引所の隣接地に設立されましたた。
銅像が建てられたのは栄一の三回忌にあたる昭和8年(1933)ですが、計画は昭和3年(1928)渋沢栄一の米寿祝賀会で提起されました。
銅像隣に書かれた碑文を読むと、戦争中に金属供出のため撤去され、戦後再建の声が上がり、昭和30年(1955)に各界有志により建てられて東京都に寄付した、とあります。
台座は残っていて、銅像朝倉文夫による原型によって改鋳され、昭和30年(1955)に再建されたようです。
台座前面の題字「青淵澁澤榮一」は、渋沢栄一ご本人の筆蹟です。

f:id:ktuyama:20210417211251j:plain

左のビルの方向に、2027年には地下4階・地上63階建て高さ約390mのタワーが建ちます。

 

亀戸天神社の「藤」風景

f:id:ktuyama:20210416204513j:plain

太鼓橋(男橋)と藤棚の藤と見学の人たちと

亀戸天神社では、2021年も、4月17日の土曜日から5月5日まで「藤まつり」が開催されます。例年だと夜間にライトアップされるようですが、コロナ禍でそれは中止のようです。ただ、今年は藤の開花が、例年より2週間も早かったので、すでに咲いています。(5月まで持つのかな)
15日行って見ました。満開も近のではと思わせる輝きでした。人出も多かったです。

f:id:ktuyama:20210416204748j:plain

藤は、万葉集に21首載っています。
平安時代は、紫という上品で高貴な色と、藤原家との結びつきで、大いに愛好されたようです。
清少納言は『枕草子』に、「あて(上品な)もの、水晶の数珠 藤の花…・・」と称えています。
かなりの昔から、紫色の花房を愛でる風習は庶民の間でもあったようです。

藤の花の名所として江戸で随一の人気を誇ったのが「亀戸宰府天満宮」でした。
亀戸宰府天満宮は、寛文3年(1663)に太宰府天満宮を分祠したのが始まりで、学問の神様として江戸庶民の信仰を集めていました。
祀られている菅原道真が愛した梅の名所でもあったのですが、藤も同じくらい名高く「亀戸の五尺藤」「亀戸の藤浪」として広く親しまれていました。

歌川広重は境内に咲く藤を多くの作品に残しており、代表作の『名所江戸百景』では太鼓橋と藤の花を描いています。

f:id:ktuyama:20210416205240j:plain

歌川広重『名所江戸百景 亀戸天神境内』

f:id:ktuyama:20210416205448j:plain

太鼓橋(男橋)と藤棚

明治6年(1873)に東京府社となってから「亀戸神社」と号し、昭和11年(1936)に亀戸天神社となりました。

f:id:ktuyama:20210416205800j:plain

小林清親『亀井戸藤』

最後の浮世絵師 小林清親も明治になってからの藤咲く亀戸天神を描いています。水面に映る藤と太鼓橋がすがすがしい印象です。

f:id:ktuyama:20210416210008j:plain

太鼓橋(女橋)と藤と池と

f:id:ktuyama:20210416204906j:plain

池と亀と藤棚と本殿と

f:id:ktuyama:20210416210211j:plain

スカイツリーが見えるのが現在

f:id:ktuyama:20210416210336j:plain

f:id:ktuyama:20210416210444j:plain

白っぽい紫もあり、色もいろいろ、たっぷり楽しめます。




 

亀戸香取神社と亀戸大根

f:id:ktuyama:20210416173924j:plain

亀戸香取神社

亀戸駅から行けば、亀戸天神社より少し手前に鎮座する、参道に商店街を持つ神社が亀戸香取神社です。
社伝によれば天智天皇4年(665)藤原鎌足が東国に下向した際、香取神宮の御分霊を勧請したことに始まります。
藤原秀郷平将門追討の際に戦勝を祈願し、乱の鎮定後、弓矢を奉納しました。「勝矢」と名付けられています。
これに因んで5月5日には勝矢祭が開かれています。

f:id:ktuyama:20210416174128j:plain

第一鳥居の上に、弓矢がある。

下は本殿脇にあった、白血病による長期療養から復帰した池江璃花子さんの応援

f:id:ktuyama:20210416174234j:plain

そういう関連で、古くから武道の神として尊崇され、近年ではスポーツ振興の神として信仰を集めています。
境内に入ると「亀戸大根之碑」がすぐ目に入ります。

f:id:ktuyama:20210416174521j:plain

「亀戸大根之碑」

亀戸香取神社の「亀戸大根之碑」は迫力があります。丁寧な案内になっています。

亀戸大根は江戸時代も末期の文久年間(1861~64)頃にこの付近で栽培が広がったということです。
秋から冬に種をまいて早春に収穫となる亀戸大根は、当時は他に大根などの全くない時期で、新鮮な野菜の出始めの頃なので根も葉も共に浅漬けにして美味しいことから、大いに重宝がられました。

f:id:ktuyama:20210416174715j:plain

明治38年(1905)創業、亀戸の老舗「亀戸 升本 本店」の前にと亀戸大根が飾ってありました。大きさは30センチ近くと細く、短く、先がくさび状に尖っているのが特徴です。
明治の頃はさかんに栽培されており、昔から多くの福をもたらすと言い伝えられ、別名「福分け大根」と呼ばれていました。
大正初期に産地の名をつけて「亀戸大根」と呼ばれるようになりました。
しかし、宅地化が進んだ大正時代の終り頃から産地は江戸川区小岩や葛飾高砂などに移っていきました。
原産地であるということで、亀戸も「亀戸大根」で頑張っています。
亀戸大根の銘鈑がよく目に入ります。亀戸香取神社の周りにもたくさんあります。

f:id:ktuyama:20210416175401j:plain

毎年3月初旬に亀戸香取神社では、亀戸大根の収穫を祝ってご来場者に亀戸大根を無料でお分けする「福分け祭り」を執り行います。当日は亀戸大根の配布はもとより、亀戸大根とアサリの入った味噌汁などもいただけるそうです。

そして「亀戸 升本 本店」も、名物「亀戸大根あさり鍋」をはじめとしたオリジナルの「亀戸大根料理」が頂けるお店です。

f:id:ktuyama:20210416175017j:plain

亀戸升本本店 入り口前

私は、今回、ランチの「亀戸大根あさり鍋・麦菜飯・亀戸大根3種盛り・季節の小鉢・甘味」を頂きました。おいしかったです。
それから、4月12日の朝日新聞に出ていたのですが、「JR亀戸駅の線路脇では、地元名産の江戸野菜「亀戸大根」が駅員によって栽培されている。」と出ていました。もう20年近くも続いているのだあそうです。
JR亀戸駅だけではなく、亀戸校区の4つの小学校の児童も栽培に協力していのだそうです。江戸東京野菜の活動ですね。

新宿区の弁天町の「宗参寺」にお地蔵さんを訪ねる。

新宿区の弁天町にある、宗参寺へに行きました。
宗参寺は、天文12年(1543年)に没した牛込重行(法号:宗参)の墓所を、息子の牛込勝行が造ったことに始まります。宗参寺の「宗参」は牛込重行の法号から来ています。墓地には、東京都史跡に指定されている「牛込氏累代の墓」があります。
牛込氏は、元は上野国(現在の群馬県)の領主で、室町時代後北条氏の家臣となって現在の牛込地域を領しました。
その後、徳川家康に仕えて幕末まで旗本として続きます。
もう一人、こちらは国の史跡になっている江戸時代の儒学者の「山鹿素行の墓」もあります。
山鹿素行は、会津に生まれて江戸で林羅山儒学を学びました。家塾をおこして多くの門弟を育てましたが、当時の官学であった朱子学を批判したことで、赤穂藩へ流されます。晩年には許されて江戸に帰っています。
今回は、その2人の墓でなく、お地蔵さんを訪ねて来ました。
その地蔵菩薩は、牛込氏の墓と、山鹿素行の間にありました。

f:id:ktuyama:20210415174942j:plain

三好朋十の『武蔵野の地蔵尊〈都内編〉』 (1972年) に紹介されていました。
「牛込氏の墓の北に隣って南面して高さ1.2mの舟形の光背面に、日月と卍とを彫り、その下に高山院云々と文字を彫り、円頂、立姿の地蔵を浮き彫りにした一塔がある。『干時寛文八申年李右衛門高山院月照宗徹居士信俊逆修云々』」と彫る。申の年の開眼であるから日と月とを文字の上に張り付けたのであろう.山鹿素行一家に縁のある石仏である」
この場所には、高山家という人の墓がありそこの墓地のようです。どういう人かわかりません。立派な地蔵菩薩です。上に日と月が彫られています。そこを見れば、庚申塔のようです。
この高山家の墓地には、数体のお地蔵さんがいらしゃいました。

f:id:ktuyama:20210415175027j:plain

隣りの牛込氏の墓に行ってみると、壊れたお地蔵が転がされありました。

f:id:ktuyama:20210415175104j:plain

山鹿素行の墓に向かうと、途中に石仏がまとめられていました。お地蔵さんもたくさんあります。

f:id:ktuyama:20210415175154j:plain

「三界萬霊」という碑が立っていました。
 「三界」とは、私たちが生まれかわり死にかわりするこの世界のことで「欲界(よくかい)」、「色界(しきかい)」、「無色界(むしきかい)」の三つの世界をいうようです。難しいので、また勉強してみます。
とにかく、この世のあらゆる生命あるものの霊を、宿らせ供養するためのもののようです。ここのお地蔵さんを少し探して載せてみます。

f:id:ktuyama:20210415175353j:plain

f:id:ktuyama:20210415175429j:plain

左の浮き彫りが気になりました。どんな所にあったのでしょうか。

宗参寺の墓地への入り口にある、水子地蔵は、新しい像のようです。

f:id:ktuyama:20210415180349j:plain

水子(みずこ)とは、生後1年に満たない時期に亡くなった赤ちゃんや、流産や中絶によって亡くなった胎児のことをいいます。
水子という名前の由来は、日本神話で生後間も無く葦の船で海に流されたと水蛭子(ひるこ・後の恵比寿神)からきているとされています。
昔は、幼くして亡くなってしまった小さな命が生まれ変わることもなく極楽へと旅立つことを悲観し、7歳までの子供は、亡くなった際に儀式を行わず無縁仏としていました。
この小さな命を供養するために、現代でも水子地蔵を建て水子供養を行なっています。
親よりも先に亡くなってしまった子供たちは、親を悲しませたという深い罪悪感から、親の幸せを願い賽(さい)の河原で石を積み上げています。しかし、子供達が親の幸せを願いながら積み上げた石は、鬼によって何度も壊されてしまいます。
その子供達を救うのが、地蔵菩薩水子地蔵です。錫杖(しゃくじょう)でもって追い払うということですが、ここでは、子供を抱いている地蔵です。下に子供たちがいるので、見守っているのでしょうか。
一般に、子供を抱いている地蔵は、子安地蔵(こやすじぞう)とか、子育て地蔵と呼ばれます。
今回の宗参寺のお地蔵さまは、よくわからないまま、終わりました。

 

長安寺の「火防地蔵」・四面石柱の「六地蔵塔」。

f:id:ktuyama:20210414105253j:plain

長安寺境内にある火防地蔵の堂宇

長安寺は新宿区の信濃町にある浄土宗のお寺で山号深谷山。外苑東通り左門町信号を西に入ったところです。
長安寺は、天正15年(1587)心蓮社利貞上人が市谷本村町に創建。市谷本村町尾張徳川家の御用地とされたため明暦2年(1625)信濃町の地に移されました。
本堂の左前に小さな堂宇があり、その中に四面石柱と駒形の石板が納められています。駒形の石板には「火防地蔵」と大きく刻まれています。
堂宇の上の板には、案内があり、次のように記されています。

f:id:ktuyama:20210414105443j:plain

「弘化2年(1845)1月24日に起こった青山大火災(現明治記念館付近より出火)のおり、この寺の門前にあった地蔵尊の前で火勢が止まり、それにより当寺門前はもちろん四谷方面が火災から免れた。以来「火防地蔵」と呼ばれるようになった。なお現在の火防地蔵はこの災害の供養のため、弘化3年(1846)に造られたものである。」
左が四面石柱の「六地蔵塔」です。
長安寺に入る所に、六地蔵塔」の案内があります。

f:id:ktuyama:20210414105537j:plain

長安寺入り口に立つ「六地蔵塔」の案内

四面石柱は総高105.5cm、幅37cmで1面に2体ずつの地蔵立像が刻まれていて左右合わせて3面で六地蔵となっています。
裏面には銘が入っていると思われますが、見ることができません。
記録によると弘化2年の青山の大火の犠牲者を弔うため、翌年の弘化3年(1846)10月に建立されたとあります。

f:id:ktuyama:20210414110610j:plain

六地蔵塔 左面と正面

f:id:ktuyama:20210414110720j:plain

六地蔵塔 正面

f:id:ktuyama:20210414112745j:plain

六地蔵塔 (あまり写せてない)左面と正面

像容は正面が合掌と宝珠に錫杖の姿、右面が数珠と幢幡の姿、左面は壁で見難いのですが柄香炉と宝珠の姿と思われます。
石柱より一回り大きい駒形の石板には「火防地蔵」と大きく刻まれています。
「青山火事」は、弘化2年1月24日(1845年3月2日)丑の中刻(午前1時40分~午前2時20分)に、現在の港区元赤坂二丁目2番西辺、北青山一丁目あたりに「鼠穴」と呼ばれた場所があり、そのあたりの権田原三軒家町(青山権田原続き三軒長屋武家地)から出火した火災が北西の風に煽られて麻布、白金、高輪の海辺まで広がりました。
この火事による被害は大名屋敷115カ所、旗本屋敷285カ所、寺院187カ所、町屋126軒が焼失し、800~900人が焼死したとされています。この火事はその火元に由来して「青山火事」と呼ばれています。
また火元の土地から「鼠穴の火事」そして、また「六道火事」と呼ばれるということですが「六道火事」は、長安寺の「六地蔵塔」からきているのでしょうか。

新宿の「成覚寺」にお地蔵さんを訪ねる。

f:id:ktuyama:20210413213934j:plain

新宿区新宿二丁目にある浄土宗の成覚寺は、文禄3年(1594)の創建です。
内藤新宿の飯盛女(遊女・子供ともいう)が死ぬと、この寺に葬られたことから「投げ込み寺」とも呼ばれます。
今回は、お地蔵さん巡りで訪れました。
門を入るとすぐ左側に旭地蔵があります。

f:id:ktuyama:20210413214122j:plain

旭地蔵

旭地蔵は、もともとは、寛政12年(1800)甲州街道から新宿天龍寺へ向う途中にあった玉川上水を渡る橋の北岸に建てられたものです。明治12年(1879)7月、道路拡張のため、成覚寺に移されました。
野村敏雄著『新宿裏町三代記』(青蛙房出版)に「明治30年代追分絵図」が載っていますが、そこに旭地蔵が描かれています。

f:id:ktuyama:20210413214438j:plain

明治30年代追分絵図」

移動が明治12年だとすると、その時はもうないはずですが、おそらくこういう位置にあったのだろうと思います。 (一般的な案内でも、旭町(新宿四丁目)の雷電稲荷神社の横、玉川上水の縁に立てられていたとあります)。
「三界万霊旭地蔵」と刻まれた台座に露座しています。高さは、約90cm。寛政12年(1800)に造られました。

f:id:ktuyama:20210413214657j:plain

台下をみると、18人の戒名が刻んであります。7組の男女の戒名は、一組ずつ並べて彫られていて、情死者(心中)であったとされます。たとえば定吉二七歳、かね一七歳などとありますが、町人と内藤新宿の飯盛女ではなかったかと考えられています。
寛永12年(1800)から文化10年(1813)の年号が読み取れます。
地蔵の左側に、移転供養をした旅籠屋一同の名前が刻んであり、当時の復元の参考とされています。

f:id:ktuyama:20210413215007j:plain

また、別名「夜泣地蔵」とも呼ばれて、お参りすると子どもの夜泣きがなおるというので信仰されていたという話も伝わっています。

f:id:ktuyama:20210413215246j:plain

六道地蔵です。マスクが引っかけられていました。牡丹も咲いています。

こちらは六道地蔵です。
六道地蔵は、六道、すなわち地獄(じごく)・餓鬼(がき)・畜生(ちくしょう)・修羅(しゅら)・人間・天上のそれぞれにあって、衆生(しゅじょう)の苦悩を救済する地蔵菩薩(じぞうぼさつ)のことです。
地獄の向かう亡者をこの世と冥土の境界で冥界の王・閻魔(えんま)が生存中の業の履歴が記された閻魔帳により、どこに送るかを評定して判決を下します。
日本の仏教においては、閻魔は地蔵菩薩の化身とみなされ同一視されています。

また、閻魔が地蔵菩薩に変化し、人間界の様子を見て裁きを決めるという話もあります。
これは、平安時代末法思想、地獄に堕ちる恐怖から生まれた思想のようです。「極楽往生できない者は皆地獄行き」と信じ込んだ一般の衆生にとってはまさに、地蔵菩薩は、救いの仏だったわけです。
日本では平安中期以来、六地蔵の信仰が盛んになり各地、各所に六地蔵が安置されました。
ます。六地蔵は、寺院・路傍・墓地などに祀(まつ)られた六体の地蔵や、あるいは地蔵堂に祀られたもの、六ヵ所の寺院や堂に安置されるもの、また各所の地蔵尊のうちから六ヵ所を選んだものなどがあります。また石灯籠などに6種の地蔵を刻んだ場合などもあります。

f:id:ktuyama:20210413215902j:plain

成覚寺の六地蔵。一番左が地獄の「壇陀(だんだ)地蔵」、最後が「天上」の「日光地蔵」。

草木の茂っていないころに撮った写真です。

では、六道の世界とその世界に存在する 地蔵尊の役割を簡単にご紹介してみましょう。

「地獄」の世界は、六つの世界でも一番苦しみが多い世界です。
ここには 「壇陀(だんだ)地蔵」がいて右手に持つ錫杖によって煩悩を払ってくれます。
「餓鬼」の世界は、嫉妬や欲望の塊がある世界です。
この世界には 「宝珠(ほうじゅ)地蔵」がいて、願いを授与してくれます。
「畜生」の世界は、弱肉強食で殺傷が行われる世界です。
この世界には 「宝印地蔵」がいて、幡(どう)を持ち人々に信仰心を教えてくれます。
「修羅」の世界は、怒りに我を忘れて戦いを繰り返す世界です。
この世界には 「持地(じじ)地蔵」がいて、合掌をして落ち着きと知恵をさずけてくれます。
「人間」の世界は、生病老死の四苦八苦がある世界です。
この世界のには「除蓋障(じょがいしょう)地蔵」がいて、数珠を持ち、恐怖心を取り除き、安らぎを与えてくれます。
「天上」の世界は、人間の世界よりも楽が多く苦が少ない世界です。
日光地蔵は、柄香炉持って、安息を表しています。

f:id:ktuyama:20210413222540j:plain

f:id:ktuyama:20210413222029j:plain

六地蔵の「日光地蔵」の右上に貼られた、成覚寺の説明です。

f:id:ktuyama:20210413223020j:plain

無縁仏を弔う無縁仏像。その中にたくさんの地蔵菩薩があります。

f:id:ktuyama:20210413223124j:plain

永代供養塔とあります。(卒塔婆の意味がわかりませんが、立派です)。

奥の墓所にもお地蔵さんがおいでになるようですが、それはまたの機会に。

成覚寺のお地蔵様でした。

 

 

「市ヶ谷八幡宮水鉢台座」と「新見附橋東道路」の”几号水準点”

f:id:ktuyama:20210407201030j:plain

市ヶ谷八幡宮境内 手水鉢

▼市ヶ谷八幡宮水鉢台座几号水準点
几号水準点という、漢字の「不」の字に似た記号があります。
これは、明治初期(明治初年からとも、明治7年、明治9年からとも)に高低測量を行うために設けた基準となる測量点です。
イギリス式の測量法に従って漢字の「不」に似た記号を石垣や門、神社仏閣の鳥居、灯篭、狛犬などの石造物、恒久的に残るであろうと思われるものに直接刻み込みました。
明治の初めは内戦も多く、陸軍が陣地設営のためにも地形の高低を知っておく必要があったからとも言われています。
しかし、この几号水準点と明治17年(1884)に陸軍の陸地測量部がドイツ式の測量方式を採用したため、遺物となってしまいました。
市ヶ谷駅、新宿区側の高台に鎮座する「市谷亀岡八幡宮」に、几号水準点があります。
ここの「几号水準点」は、以前は探しにくかったのですが新宿区教育委員会の案内板ができて、わかりやすくなりました。

f:id:ktuyama:20210407201242j:plain

向かって左、水鉢台座の下方に「不」

f:id:ktuyama:20210407201352j:plain

境内の「水鉢」の台座のところにあります。それも脇の見にくい位置です。
市谷亀岡八幡宮「几号水準点」の案内板を引用します。

f:id:ktuyama:20210407202239j:plain

「 明治初期に、イギリスの技術を導入した内務省地理寮は、近代的な測量を開始し、東京を中心に、「不」の字に似た記号を用いた几号水準点を設置した。市谷亀岡八幡宮の几号水準点は、神社境内の水屋の水鉢台座の側面に刻んだもので、内務省地理寮による関八州三角測量が開始された明治8年(1875)頃に、刻印された。
現在台座の上には、昭和26年(1951)に八幡講によって奉納された水鉢が置かれているが、もともとは社務所前に置かれている、越前屋吉兵衛によって奉納された水鉢とセットであったと推定される。
「江戸名所図会」(天保五・七年刊行、1834・1836年)には、現在と同じ位置に水屋が描かれており、また「東京実測図」(明治20年、1887年)に記された標高(水準点94.8尺、約28.7m)が現在とほぼ変わらないことから、水準点の位置が、設置当初から移動していないことが分かる。市谷亀岡八幡宮の几号水準点は、設置当初の場所の位置する希少な几号水準点で、保存状態も良好である。近代土木史上、貴重な文化財である。
平成29年3月30日 新宿区教育委員会

f:id:ktuyama:20210407201514j:plain

市ヶ谷八幡宮から外濠を望む。高い位置にある。

「几号水準点」は、東京にも50箇所近く残っているようです。
恒久的に動かない場所にということで付けられたのですが、時代とともに結構動かされています。
近くの「市ヶ谷見附」の石垣の一部にも「几号水準点」が刻まれていたのですが、明治時代に取り壊された際に日比谷公園に移されました
この石は烏帽子岩と呼ばれる大きなそれこそ烏帽子の形をした石で、みごとだったので、持って行かれたのでしょう。
日比谷公園の南東側にある幸門を入って直ぐ左手の植え込みに「烏帽子石」と呼ばれて飾られています。
▼新見附橋東 「几号水準点」

f:id:ktuyama:20210407201656j:plain

新見附橋の東。先は新見附橋。左右が外濠公園。手前の道に几号水準点。

少し飯田橋の方へ進むと、外濠をまたぐ新見附橋あがり、その東詰、千代田区側の歩道上に水平に埋め込まれた几号水準点があります。

f:id:ktuyama:20210407201927j:plain

f:id:ktuyama:20210407201947j:plain

水平面の几号というのあるのですね。
水平に埋め込まれた几号水準点は、もともと垂直面に刻印されたものが後年、敷石などに流用されたため水平面刻印のようになってしまったケースと、独立した標石で水平面刻印になっているケースがあるようです。
新見附橋のたもとの水平面「几号水準点」は、移されてきたのでしょうか。
水平面に刻印したものは内務省地理局発行の五千分一「東京実測図」には明示されていないとのことで、どのように使おうとしたかわかっていません。ちなみに、新見附橋は、明治28年(1895)に、甲武鉄道で飯田町駅を造られた時できた橋です。
近くに外濠公園が公園になった「東京市 外濠公園」と記された遺構もあります。

f:id:ktuyama:20210407202025j:plain

左側から「東京市 外濠公園」と記されている。

外濠は、昭和2年(1927)8月31日に、牛込駅から新見附の間を外濠公園として開放されました。